プラセンタを抽出する際の材料って?

プラセンタが成長因子やアミノ酸をはじめとする多様な成分を含んでいることは知っていても、何から抽出されているかについては知らないという人もおおいのではないでしょうか。

プラセンタを抽出する際の材料について説明していきましょう。

プラセンタは胎盤から抽出される

プラセンタは和訳すると「胎盤」という意味で、哺乳類特有の機関である胎盤から抽出されています。

ほとんどの哺乳類はメスの子宮の中で赤ちゃんを育てますが、酸素や栄養分を何らかの形で赤ちゃんに供給する必要があります。 この役割のために子宮内に生成されるのが、胎盤なのです。赤ちゃんにとっては「命綱」と言っても過言ではない機関なのです。

ところが、赤ちゃんを産んだあとは胎盤が不要になるため、体外に排出されてしまいます。 この胎盤を捨ててしまうのではなく、有効成分を抽出するために再利用しているのがプラセンタなのです。

胎盤を持たない植物や魚介類からもプラセンタが抽出されているではないかと言う人もいるでしょうか、植物性や海洋性のものは成長因子などが含まれていないため、厳密にはプラセンタとは呼べません。

プラセンタを抽出している動物は?

国内で使用されているプラセンタは人、豚、馬のものがほとんどです。 人のものは医療法に限られていますので、市場で入手できるのはほぼ豚や馬のものと言っていいでしょう。

豚プラセンタは多産系なので胎盤が入手しやすく、コストが安いのがメリットです。 ただ、豚は免疫力が高くないため、病気や寄生虫対策として抗生物質が投与されているケースが多く、その影響が不安です。

馬プラセンタは免疫力が強いので安全性が高いのがメリットですが、年に1頭しか子供を産まないので豚に比べて胎盤が入手しにくく、コストが高いのがデメリットだと言えます。

海外では牛や羊のプラセンタも流通しているようですが、日本ではBSE(狂牛病)の影響で製造が認められておらず、メジャーとは言えません。