就活がまだ決まらない…今からでもエントリーが間に合う新卒採用・二次募集企業の見つけ方

就活がまだ決まらない 今からでもエントリーが間に合う新卒採用企業の探し方

就活で進路が決まらない、内定が出ない…。22卒の内定率はどれ位なの?

就活生の皆さん、日々活動お疲れ様です。進路がまだ未決定の人は不安で苦しい日々を過ごしている人もいらっしゃるかも知れません…。

でも、まだ求人を募集中の企業はありますので、焦らずに自分のペースで活動を続けていってください。

コロナウイルスの影響で皆さんの学生生活はもちろん、世界中の経済低迷、採用マーケットの冷え込み、就職難易度の向上などマイナスな要素が増え、沢山の就活生が翻弄されてきました。

航空業界や旅行業界などを志望する学生は新卒採用の凍結などに頭を悩めた人もいますし、内定のピークとなる4年生の6月、7月でも内定が得られず「まだNNT…」「就活オワタ…」などと言う悲痛なSNS投稿の投稿などを良く見かけます。

実態が見えないことが一番の不安につながると思いますので、当記事では内定率などの信ぴょう性の高い情報をお伝えしていくことで、まずは漠然とした皆さんの不安を払拭していければと思っています!

キャリアくん
まずは、22卒の先輩達の内定率を一緒に見ていきましょう!
以下は人材大手企業のリクルート社が公表した就職内定率のデータです。

2022卒内定率

【参考】株式会社リクルート:就職プロセス調査(2022年卒)

2022年卒の2021年8月1日時点の就職内定率は85.3%、前年同月差は4.1ポイントの上昇となっています!

コロナ禍以前の2020年卒と比較するとやや低い水準で推移しているものの、2019卒、2020卒の就活では学生側が有利と言われる売り手市場のマーケットであったため、それと比較するのは少し強引すぎるかとも思いますので、今回は21卒との対比に留めておきます。

上記の内定率から見ると、多少の厳しさはあるものの、21卒よりは数値は上がっていますし、大きな混乱などもなく企業側の採用活動・学生側の就活が普通に行われています。

視点を変えて、進路未決定者の人数が何人位になるのかも概算数値を出してみます。

毎年約45万人前後の方が、民間企業への就職を希望していますので、少なく見積もっても、7万人程度の方がまだ就活を続けています。

内定を得ていても活動中の人もいますので、もっと多い人数が就活継続中と見てもおかしくありません。

キャリアくん
まだまだ活動継続中の学生さんも多いのですね。
タイムちゃん
疲れやストレスもたまるでしょうし、諦めたい気持ちも出てくるでしょうが、もうひと踏ん張りです!

今からでもエントリーが間に合う新卒採用・二次募集企業の見つけ方

2022年卒の就活はコロナウイルスの影響で、依然として厳しい状況が続いています。

第一志望だった業界が募集を停止したり、採用人数の縮小をした影響などでなかなか内定が決まらず就活が長引いている人や内定は貰ったけれど正直希望していない職種や業界であったこともあり、内定辞退をして、秋採用・冬採用などの二次採用などで就活を再開する方なども、コロナ禍の22卒の就活においては一定数以上はいらっしゃるように思えます。23卒についてもしんどい状況が続く可能性も十分あり得ます…。

今からでもエントリーできる会社や大手人気企業の追加募集などはどのように探せば良いのか知りたい人も多くいらっしゃいますよね⁉

正直、これが正解というものはありませんが、いくつかの方法でまだ採用活動をしている会社を効率的に探すことが出来ます。

二次募集や採用活動継続中の企業の探し方

・『indeed』や『求人ボックス』等の求人検索エンジンにて、keyword検索をする
・学校のキャリアセンターに届く、求人票をチェックする
・ハローワークにて求人の紹介を受ける
・就職支援エージェントを活用し、求人の紹介を受ける

タイムちゃん
筆者が大学のキャリアセンターで仕事をしていた時は、ineedなどの求人検索エンジンで検索をしていました。ナビなどでは探せない企業がたまに見つかったりします!
キャリアくん
大学のキャリアセンターに届く求人もたまにチェックしておくと、ニッチな上場企業の求人が届いたりもしますよ!
タイムちゃん
でも一番のおすすめは、就活エージェントに紹介をしてもらうことですね!

既に採用活動を締めきっていた企業も10月の前後で募集を再開することなどもあります。10月1日に内定式などを行う企業が多いですが、この時期には内定辞退などが出て、欠員補充をするケースがあるのです。

内定辞退などが出た際の追加募集は、ナビなどでは告知せず、自社のHPや就活エージェントに依頼をして、追加募集をしようとする会社も割と多いです。

翌年(今年でいえば2023卒)のインターンシップの対応などが始まっており、あまり時間がかけられないため、多くの人数に接触をするような採用活動をしないケースが大半です。

思うように結果が出ない時や自分に合った企業がわからなくなって来たときは?

無内定(NNT)が続いたり、不採用通知が続くと、「なんだか自分自身に問題があるのではないのか?」とネガティブな感情が膨らんでしまうものです…。

一人で就活を続けていると、お祈りメールが続いたり、不合格の理由がわからなかったりと、しんどい気持ちになったり、就活自体が憂うつになることなどもあります。

例えば、自分では手応えを感じていたのに、まさかのNGの通知…。「なぜ落ちたのか?」がわからないまま、消化不良のまま活動を続けることが精神的に辛くなりませんか?

何をしたら良いのかがわからない状態って結構しんどいんです…。

自分なりに原因を考えて、自己PRやガクチカの修正をするなど対策をするなど、色々と模索してより深みにハマってしまうケースなども多く見受けられます。

卒業が近づけば近づくほど、企業数も減ってきますから、今のタイミングで自分一人で進める就活から、就活のプロに悩みを相談しながら、選考対策をする就活に切り替えていくことをおススメします!

就活エージェントのサービスでは、面接後のフィードバックなどを貰うことも可能なんです!

最後まで諦めずに無事内定獲得をするために、困ったときは就職支援に長けたカウンセラーやアドバイザー等に相談することをおすすめします!

キャリアくん
面接後に企業側からの評価やフィードバックを貰えることはありがたいですね!
タイムちゃん
エージェントサービスの活用メリットですね!

就活相談や企業探しの支援などをしてくれるサービス

次は、就活エージェントサービスや就職相談が可能な公的施設やサービスをご紹介します。

以下などは就職相談が可能なところです。

・通っている学校のキャリアセンターや就職課
新卒応援ハローワーク
東京しごとセンター
・厚生労働省:おしごとアドバイザー ※相談のみ
・就職エージェント ※こちらがイチオシ!

国や各都道府県などの自治体がサービスを提供しているものなどは無料で利用出来るところがあります。

メリットは無料で利用できるところ、デメリットはアドバイスをしてくれる担当者のレベルにばらつきがあり、対応してもらう人によっては厳しく注意を受けたり、マニュアル通りの事務的な対応をされたりするケースなども無くはありません。

完全無料で税金などが運営資金になっているわけなので、何でもかんでも懇切丁寧にという訳にはいかないこともあります。

タイムちゃん
公的機関のサービスはメリットもデメリットもあります。当記事としてはエージェントサービスをおススメします!

学校のキャリアセンターは支援レベルに結構な違いも…

次は、学校のキャリアセンターについてです。

こちらも無料で利用できるため、積極的に活用していきたいところです。

一つだけ難点をあげるとすると、学校によって支援レベルやアドバイザーの質に違いがあるのです…。

【キャリアセンターのメリット・デメリット】

筆者も大学のキャリアセンターでカウンセラーをしたことがありますが、キャリアセンターは学校やキャンパスによって使い勝手が異なります。

例えば、国公立大学などではあまり支援が充実していないところもあると聞きます…。また、マンモス大学などでは、予約が1か月待ちということなども多いようですね…。

学生数が200名程度などの単科大学は、一人ひとりに合わせた支援をしているところも多いように思えます。

カウンセラーも業務委託や派遣等の方が多く、支援レベルはまちまちです…。

キャリアくん
うちの学校のキャリアセンターの評判はどうなんだろう。
タイムちゃん
あなたが通う学校のキャリアセンターは支援体制が整っていて欲しいですね♪

就活相談&企業推薦が受けられる就職エージェントが一押し

先述の通り、就職相談を出来る場所は様々ありますが、就職相談とあなたの性格や長所に合った仕事についてアドバイスをくれて、優良企業などの非公開求人を推薦してくれる就職エントリーシートというサービスは利用価値が高いサービスです。

例えば、面接後のフィードバックなどを企業側からヒアリングをして、今後の対策のためにアドバイスをしてくれたり、志望動機が曖昧なときは一緒に志望動機を考えて頂くことなども可能です。

就活全般のアドバイスをもらいながら、就活ナビサイトなどには掲載されていない企業とマッチングを図ってくれるため、効率的に活動を進めることが出来ます。

Webなどで一度相談した後は、LINEやチャットなどで定期的にフォローしてくれるサービスが大半です。

 

この後は、就職支援エージェントについてサービスの内容などを解説していきます。

新卒向けの就活支援エージェントとは?

就活支援エージェントは、学生の就職に力を貸してくれるありがたいサービスです。

就職活動の支援に精通したキャリアカウンセラーやアドバイザーが、就職活動の進め方に対してのアドバイスから、ES(エントリーシート)添削や面接練習などの選考対策、非公開求人の紹介までフルサポートしてくれます。

就活に行き詰まっているときや、不合格が続き企業の持ち駒が無くなってしまったとき、何をしたいのか迷いが生じたときなどに利用すると効率的に就職活動を進めることが出来ます。

自分に合った就職先を探したい方や専門のアドバイザーとともに二人三脚就活を進めて行きたいときに利用するのがおすすめです!

キャリアくん
就活エージェントって、便利だね。でもそれだけ手厚くサポートしてもらえるならば有料じゃないの?
タイムちゃん
就活エージェントは基本的には無料なんだよ♪求人を出している側の企業が費用を支払うことで成り立っているから学生は無料で利用できます!

就活支援エージェントや人材紹介サービスなどと言われるサービスは無料で利用できます。(一部の有料カウンセリングサービスを除く)

利用対象者は大学生・大学院生・短大生・専門学校生など新卒枠で就職活動中の方全員です。(企業側の採用要件は学校へ在宅中の方)

既卒者などは既卒者専用のエージェントを利用するようにしてください!

▼あわせて読みたい▼
既卒・フリーター・ニートにおすすめ!未経験者に人気がある就活・転職支援エージェント比較

新卒枠での専門特化型エージェントもあわせてご覧下さい!

ITエンジニア希望者 / 理系・大学院生向け / 関西圏の就職希望者 / 東海圏の就職希望者

就活エージェントはいつ頃から使えるの?3年生、4年生?

就活生からよく受ける質問や疑問についても解説します!

エージェントを利用することが出来る時期や学年などについては皆さんわからない人が多いようですね。

 

エントリーシートの添削や面接練習だけで使えますか?
利用を断られることが多いです。非公開求人の推薦を行いマッチングをすることを主の目的にしたサービスであるため、自己応募先の支援などは行って頂けない所が大半です。

 

エージェントが紹介してくれた企業は全て受けなければいけませんか?
全てを受験する必要はありません。自分自身が興味を持った企業のみを受けていけば大丈夫です。
タイムちゃん
エージェントもビジネスですから、完全ポランティアのような利用は認められないことが多いです。エージェントの推薦する企業で受験先を探していくようなスタイルです。

 

なお、リサーチ会社などの調査データを確認する限りでは、新卒枠で就活をする人のうち、約30%程度の方がエージェントサービスを利用しており、3人に1人位の人はエージェントを使って就活をしています。
一昔前は中途採用の方が利用するもののイメージが強かったのですが、今は新卒での利用がごく一般的なものになっています。

就活エージェントと求人ナビサイトとの違いは?

また、就活エージェントと求人検索ナビサイトはどのような違いがあるのかについても簡単に解説します。

就活エージェント求人検索ナビサイト
利用のしやすさ就職相談・面談に行く必要がある(オンライン可も増加中)会員登録をするのみ
求人数数百~3,000社程度1,000~30,000社程度
求人の探しやすさあなたの適性や興味関心に合った企業を紹介してもらえる数多くの求人から自分で探し、説明会予約などをする必要がある
選考対策履歴書作成やエントリーシートの添削、模擬面接、選考結果のフィードバックなど充実の支援がある全てを自分でしなければいけない
選考の早さ書類選考免除などスピードが速いところが多い通常のフロー通り
利用料金無料無料

就活サイトは自由度が高く自分のペースで活動を出来ますが、全てを自己完結しなければいけないためわりと手間がかかります。

就活エージェントを利用すると、カウンセラーなどがナビゲートをしてくれるため、効率が大きくアップします。

新卒に人気の就活エージェントランキング。おすすめのサービスを徹底比較!

オンライン面談や電話面談も可能。2023年卒の学生の早期就活から利用可能!
全国的に利用可能。オンライン面談や電話面談も可能。就活相談が気軽に行える!
東証マザーズ上場企業が運営。就活生の3割以上が利用する就活メディアの運営企業
年間1万人以上が利用する人気のエージェントサービス。量より質にこだわった支援で評判良し!
累計5万人以上が利用する新卒エージェントの老舗的な存在。経験豊富なアドバイザーが多い。
大手ナビサイトを運営するマイナビグループが手掛けるエージェント
教育業界大手のベネッセと人材大手のパーソルグループの合弁会社
理系大学院生(修士・博士)・ポストドクターであれば登録必須。専門性を活かせる大手企業が多数!
コロナ禍でも安定のIT業界に専門特化。文系・理系不問でプログラミング未経験者歓迎の求人が多数
プログラミング学習経験者におすすめ!大手人気企業の求人が多数。高い利用者満足度

イロダスサロン(irodas SALON)

イロダスサロン irodas SALON

『イロダスサロン(irodas SALON)』は、コミュニティ型の就職支援サービスです。

適性検査システムやメンターによる就職相談・アドバイス、豊富なキャリア講座、無料のキャリア形成教材など利用することが出来ます。

単純な企業推薦・紹介というより人材育成型のコミュニティのようなイメージです。

オンライン面談OKですので、関東・関西地方など大都市圏の就活生だけでなく、地方在住の方も利用できます。

地方都市は利用できるサービスがすくないので、自宅に居ながらリモートで相談できることは嬉しいですね♪

全160ページのキャリア形成教材「irodasSALON CAREER BOOK」も郵送で送ってもらえるようです。(送料無料)

オンライン面談も可能!田舎など地方都市でも相談可能

評価: 4.0・面談地域は、東京、大阪、オンライン(Zoom、電話など)
・オンライン面談も対応可能!
・2023卒など早期選考での利用可能!
・就活セミナーや適性検査なども無料で利用OK

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

『MeetsCompany(ミーツカンパニー)』は、企業と就活生のリアルな出会いにこだわりをもった就職支援エージェントです。

コロナウイルスの感染が広がる前は全国各地で毎日のようにイベントを開催していましたが、コロナ禍においては個別相談(エージェント)サービスにも力を入れています!

元々全国各地でイベントを開催していただけあって、企業側のネットワークは豊富で、東証一部上場企業から中堅・ベンチャー企業までが幅広い企業の求人を保有しています。

全国的に利用可能!オンライン対応も

評価: 4.0・面談地域は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡、オンライン(Zoom、電話)
・オンライン面談も対応可能!
・全国的に利用可能
・イベントをご希望の方はマッチングイベントも豊富

キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント

『キャリアパーク就職エージェント』は、新卒の3人に1人が利用するキャリアパークという就職メディアの運営会社が手掛けるエージェントサービスです。

対面でもWebどちらでも相談が可能ですので、国内どの地域からでも利用をすることが出来ます。

同社は東証マザーズに上場する人材企業で多くの企業と長年にわたる信頼関係を築いており、大手グループ/上場企業/超優良企業/有名メガベンチャーなど幅広い求人が魅力です。

通信、IT、人材、不動産、建築、精密機器、福祉、販売、物流、インフラ、介護、教育、飲食など豊富な求人があります。

東証マザーズ上場で豊富な求人が魅力

評価: 4.0・オンライン面談も対応可能!
・東証マザーズ上場で安心
・最短1週間程度で内定も

キャリアチケット

キャリアチケット

『キャリアチケット』は、入社後のキャリアを見据えた、本質的な就活を支援コンセプトにしています。

年間1万人以上の就活生が利用する人気の就活エージェントです。

量より質を意識しているサービスで選考対策など支援の手厚さに評判があるサービスで、就活事情に長けたアドバイザーが非公開求人の推薦からエントリーシートの添削・面接対策までしてくれるため、就職活動に不安がある就活生や志望業界など方向性に迷いが生じてきている方などにおすすめです。

オリコン顧客満足度ランキングで、新卒エージェントとして総合1位を受賞していることも、就活生から支持されている証しでしょう。

全国の主要都市で利用可能。手厚い支援で評判が良い!

評価: 4.0・面談地域は、東京(渋谷、秋葉原、池袋)、神奈川(横浜)、大阪、福岡、名古屋、京都の8か所と便利。
・オンライン面談も対応可能!
・サポート体制が整っており、コンサルタントの質も良い
・個別面接対策で内定率が1.39倍に上昇

キャリセン就活エージェント

キャリセン就活エージェント

『キャリセン就活エージェント』は、累計5万人以上が利用している就活エージェントです。

支援歴は10年以上と歴史のあるエージェントで、キャリアアドバイザーとしての経験が豊富な方が多く在籍している印象があります。

コンセプトとしては、大学のキャリアセンター並みに就活生に寄り添い、選考後のフィードバックなども丁寧に行って頂けます。

商社、メーカー、金融、広告、人材、物流、コンサル、IT、通信など幅広い業界の非公開求人を保有しています。

サービスの特徴としては、キャリアカウンセリング、求人紹介などの一般的な就活サポートに加え、徹底した面接トレーニングによる就業支援サービスを提供しています。

オンライン対応も可能で、サポート体制が充実

評価: 4.0・面談地域は、東京、大阪
・オンライン面談も対応可能!
・経験豊富がアドバイザーが多く、支援のレベルの高い良い
・累計5万人以上が利用

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介

『マイナビ新卒紹介』は、メジャーな就活情報サイトの運営会社であるマイナビが手掛ける新卒エージェントです。

大手の人材会社だけあって、求人数が豊富です。就活エージェントは一般的には大都市圏の企業が多いのですが、マイナビ新卒紹介は地元出身者を積極募集している企業の紹介も可能です。全国どこでも効率的に企業探しが出来ることはマイナビ新卒紹介のメリットとなります。

同社は、採用支援だけではなく、企業の若手育成研修なども実施しているため、就活生のスキルアップに役立つ、セミナーや研修、書類・面接対策なども受講することができます。

DODA新卒エージェント

doda新卒エージェント

『doda新卒エージェント』は、ベネッセi-キャリアが手掛ける新卒向けの就職支援エージェントです。

教育業界大手企業のベネッセグループと人材業界大手のパーソルキャリアの合併会社がサービスを運営しています。

過去の累計契約企業数は5,000社以上、利用学生は年間で12万人以上と支援実績も豊富で、利用者満足度も高いです。

ES不要・面接回数減といった独自の特別選考枠・ルートなどもあり最短1週間程度でスピード内定が可能場合もあります。

アカリク就職エージェント

アカリク就職エージェント

『アカリク就職エージェント』は、大学院生(修士・博士)とポスドクに特化した新卒エージェントサービスです。

「高い専門性を有した学生が欲しい」、「特定分野の人たちを研究職や開発職として採用したい」などの理由で、大学院生や研究者を積極的に採用したい企業の求人がたくさん集まっています。

理系大学院に通う方は一般的なエージェントに登録すると年齢的な部分がマイナスになることもあるため、大学院生であれば強く登録をおすすめしたいサービスです。

カウンセラーも博士課程出身者やポスドク経験のある研究者が豊富に在籍しているため、あなたの研究内容などを短時間できちんと理解してくれ、マッチングする優良企業を紹介してくれます。

理系大学院生は登録必須!専門性を活かせる求人が多数

評価: 4.1・オンライン面談も対応可能!
・理系大学院生に専門特化
・ソニー、Yahoo!、エーザイ、花王、コニカミノルタなど大手企業求人が多数

IT求人ナビ

IT求人ナビ

『IT求人ナビ新卒』は、IT業界のエンジニア、Webデザイナーに特化した就活エージェントです。

IT業界は、コロナ禍でも安定的に業績を伸ばしているため、新卒就活生からも人気が高まっています。

文理不問、プログラミング未経験者でも歓迎の求人が豊富で、IT業界や技術に精通した専任のスタッフが、キャリアの相談から、非公開求人の推薦、選考対策などトータルサポートをしてくれます。

IT技術者の支援実績は13年と歴史のあるエージェントで企業とのパイプも太く、IT業界へ就職したい人におススメしたい一社です。

IT業界専門特化。IT就活初心者でも歓迎求人が多数!

評価: 4.1・対象地域は、愛知、札幌、 仙台、関東、 関西、 広島、 福岡
・オンライン面談も対応可能!
・IT業界専門で13年。サポート体制も充実
・未経験歓迎求人が多数

レバテックルーキー

レバテックルーキー

『レバテックルーキー』は、ITエンジニアに特化をした新卒支援エージェントです。

中途エンジニアの支援で15年以上の歴史のある会社で、IT関連の大手企業やメガベンチャーなど成長性の高い企業の技術系非公開求人を多数保有しています。

ITエンジニア専門とかしたサービスならではの支援として、ポートフォリオ(成果物)をより良く見せるためのアドバイスやサポートも行っています。

求人企業の顔ぶれはとても良いため、プログラミングの学習系経験がある方でしたら、3年生の早期から活動できますので、登録をおすすめしたい一社です。

IT業界専門特化。プログラミング学習経験がある方は登録必須!

評価: 4.1・対象地域は、一都三県(東京・千葉・埼玉・神奈川)
・オンライン面談も対応可能!
・IT業界専門で15年。ポートフォリオの作成なども支援
・IT業界の人気企業の求人が多数

就活がまだ決まらない 今からでもエントリーが間に合う新卒採用企業の探し方
最新情報をチェックしよう!
>10代、20代など若者に『安心』と『ヨロコビ』を!

10代、20代など若者に『安心』と『ヨロコビ』を!

今よりも充実した社会人生活を過ごしたい、自己成長のための学びを続けていきたい!

でも、何をしたら良いのかわからない…今のままの自分には自信がない。

きっと、仕事、キャリア、恋愛、結婚や出産、学び、お金、カラダなど色々な悩みや不安があるはずです。

コロナ禍のいま、自分自身がどのように生きるべきなのか、漠然とした不安を感じている方が多いでしょう。

そんな大学生・大学院生・短大生・専門学校生などの新卒枠の就職活動中の方、20代、30代など若手の社会人の皆さんが、人生を豊かにするための情報や考え方をお届けし、アナタが小さな一歩を歩み始めるキッカケづくりをしていきます!

CTR IMG