新卒就活で自己分析や強みを診断する際に役立つツールやおすすめのサイト・アプリ比較

就活 自己分析 強み 診断ツール おすすめ サイト アプリ

自己分析を効率的・簡単に出来る方法やツールはあるの?

自己分析に利用できるツールやアプリケーションなどを知りたいという人も多いでしょう。

自己分析は就活の中で必要不可欠なものですが、机の上でノートとじっと睨めっこして、ひたすら書き出していくことって、面倒だったり、つまらないと思う人も多いですよね…。

もちろん、自分自身のことが理解出来て楽しいという人もいらっしゃるでしょうが、大半の方は『つまらない』、『くだらない』、、『あほらしい』、『頭がおかしくなりそう…』などと思っているのではないでしょうか⁉

自己分析自体はは意味がないわけではないのですが、自己分析シートを見ていると、精神論というか極論的過ぎで、少し気持ち悪いんですよね…。

普段はなかなか考えないことだからこそ、意味があるものではあるのですが、ストレスを感じる人のほうが多いかも知れません。

そんな人におすすめなのは、はじめから自己分析シートでガリガリ自己分析をするのではなく、就活支援会社などが提供する適性診断や自己分析ツールを利用して、自分自身の価値観や特徴を把握するところからスタートする方法です。

短いものでは10分程度、丁寧な診断ツールで長いものでも30分程度で簡単に自己分析が出来るのです。

 

キャリアくん
自己分析がめんどくさい、やりたくないという人は適職診断ツールなどを使うと楽チンです♪
タイムちゃん
就活サイトなどに会員登録をすることによって利用できるサービスが沢山ありますので、記事の後半でご紹介します!

自己分析ツール・適職診断機能などが充実しているおすすめのアプリ・サイト一覧

国内最大級のオファー・スカウト型サービスのOfferBox。「適性診断AnalyzeU+」が人気。大学2年~4年生向け
スカウト・マッチング型の就活サイト。性格検査の結果に合わせてオファーが貰える大学2年~4年生向け
ベネッセが運営するオファー・スカウト型サービス。教育会社で培った診断ツールが充実。大学1、2年生から利用可能大学1年~4年生向け
就活生の3人に1名が利用するキャリアパークの適職診断「My Analytics」大学3年~4年生向け
レバレジーズが運営するスカウトアプリ。自己分析や他己分析、自分史作成なども人気大学3年~4年生向け
グローアップが運営するオファー型サービス。アプリをダウンロードすれば適性診断が利用できる大学3年~4年生向け
アイデムグループが運営する逆求人型就活サイト。「社会人基礎力診断」が受験可能大学3年~4年生向け
マイナビが運営する国内最大級の求人検索サイト。「適性診断MATCHplus」が人気。大学3年~4年生向け
人材業界大手のリクルートが運営する求人サイト。「リクナビ診断」が受検可能。大学3年~4年生向け
外資系・日系グローバルなどハイクラス企業を志望する上位校学生向け。「キャリタス QUEST」が受験可能大学1年~4年生向け

OfferBox(オファーボックス)

OfferBox(オファーボックス)

『OfferBox(オファーボックス)』は、新卒向けのオファー型就活サイトです。

逆求人やスカウトサービスなどと言われるようなジャンルのサービスで、25万人以上の就活生が登録しており、オファー型のナビサイトの中では学生側も企業側も登録数No1です。

コロナ禍で、合同企業説明会やイベントなどが減少し、対面で企業の採用担当者やOB・OGなどと話をする機会が減っている状況にあるため、利用者が急増しています。

自分自身のPR情報などのプロフィールを充実させ、企業側からのオファーを増やしていけば、早期から効率的に活動をすることが出来ます。

また、『適性診断AnalyzeU+』という自己分析ツールも非常に人気があります。

25項目の診断結果で、自分の強み・弱みを知り、自己分析に役立てることもできます。加えて、その情報を参考に自己PR文などを作成することも出来ます。

自己分析とオファーの両方を満たすサービスであるため、コロナ禍の就活では登録必須です!

Future Finder(フューチャーファインダー)

Future Finder(フューチャーファインダー)

『Future Finder(フューチャーファインダー)』は、特性マッチング型の求人サイトです。

無料の性格特性検査を受検して、匿名プロフィール情報を登録することによって、あなたに会いたいという企業からオファーが届く仕組みです。

オファーを待つだけではなく、自分の性格特性とマッチするあなたが活躍できる可能性が高い求人を簡単に検索することが可能です。

適性検査は本格的なもので、あなたの強み・弱み、ビジネスセンス、活躍できる仕事、マッチする企業の社風などを知ることが出来ますので、自己分析目的での利用としても価値が高いと思います。

dodaキャンパス

dodaキャンパス

『dodaキャンパス』は、教育業界大手のベネッセグループが運営するオファー型の就活サイトです。

2022卒だけでなく、2024、2025卒など1、2年生でも登録が可能で、66万人以上の方が会員登録をしています。

登録企業数も6,800社以上と、人気・優良企業をはじめとした多くの企業が利用をしています。

ベネッセの教育ノウハウを活かしたパーソナリティー検査や自己PR添削無料キャンペーンなども利用可能です。

キャリアパーク

キャリアパーク

『キャリアパーク』は、就活生の3/1程度が利用する就活関連情報のメディアサイトです。

会員登録をすると『My Analytics』という適職診断を利用することが出来ます。

適職診断としては簡易的なものになっており、36個の質問に答えるとあなたの職業タイプを確認できるようなツールになっています。

短時間で診断できるものなのでゲーム感覚で登録・利用してみても良いかも知れませんね。

キャリアチケットスカウト

キャリアチケットスカウト

『キャリアチケットスカウト』は人材大手のレバレジーズ株式会社が運営するスカウトアプリです。

同社は『キャリアチケット』という就活生から人気があるエージェントサービスを提供しているため、企業との関係性もとても強いです。

自分史の作成による自己分析やお友達や両親などに他己分析を依頼する機能、自己PRやガクチカの自動作成機能などを利用することができるだけでなく、プロフィール情報を充実させていけば、企業側からスカウトをもらうことが出来ます。

早期の就活でも企業からオファーを受けるカジュアルに面談などを行うことが出来ます。

キミスカ

キミスカ

『キミスカ』は株式会社グローアップが運営するオファー型の就活サイトです。

キミスカは、企業側がスカウトを送る際に、種類があることが特徴となっています。

『気になるスカウト』、『本気のスカウト』、『プラチナスカウト』と種類があり、企業側がオファーを出来る数に制限があります。

例えば、『プラチナスカウト』は月に30件しか利用できない設計になっており、企業側もスカウトをする人を厳選する必要があります。(気になるスカウトは無制限)

プラチナスカウトが届いた企業は、企業の採用担当者などがきちんと皆さんの登録情報を見ている可能性が高いため、逆指名を受けるかどうかを判断する際にも役立ちます。

同社は、「キミスカLIVE」というマッチングイベントも定期的に実施しています。

ジョブラス新卒(JOBRASS)

ジョブラスJOBRASS(新卒)

『ジョブラス新卒(JOBRASS)』は、人材業界大手のアイデムグループが運営する逆求人型の就活サイトです。

先に説明をしてきたオファー型のサービスと比較すると、やや総合型の就活ナビに近しいようなサービスも多数提供しており、内定直結型のイベントやグループディスカッションの対策セミナー、その他就活講座なども利用可能です。

また、就活相談や非公開企業の推薦など受けることが出来るジョブラス新卒紹介というサービスも手掛けています。

スカウトを主の目的としての利用よりも、セミナー対策や就活相談などトータルでサービスを利用するようなイメージのほうが向いているかも知れません。

マイナビ

マイナビ

『マイナビ』は登録必須の求人検索サイトです。学生の登録数、企業側の求人掲載数ともに国内最大級です。

利用の用途はインターンシップの検索や本選考後の企業検索、応募企業の説明会予約やメッセージ管理などが中心になるため、就活の準備時期から終了時期まで利用することになる人が大半です。

リサーチ会社の調査でも、就職情報サイトの満足度はNo1となっています。

マイナビの『適性診断MATCHplus』も人気が高いサービスです。

よほど特殊な就活をしない限りは、必要となるサービスであるため登録必須の一社でしょう。

リクナビ

リクナビ

『リクナビ』もメジャーな求人検索サイトで、学生の登録数、企業側の求人掲載数ともに最大級です。

最近は、マイナビの利用者のほうが増えているようにも感じますが、新卒用の検索サイトといえば「リクナビ」か「マイナビ」の名前が上がるツートップのような立ち位置にあるサービスで、掲載企業もマイナビとは異なるものも多いため、リクナビにも登録しておきたいところです。

企業の採用担当者側の目線で見ると、営業担当者との関係性や自社の採用活動との相性などで、リクナビ派とマイナビ派で割とわかれているようにも思えます。

会員は、『リクナビ性格検査』の受検が可能です。

キャリタス就活

キャリタス就活

『キャリタス就活』は、求人検索サイトの中では3番手位の立ち位置にあるサービスです。

大手企業や外資系企業の求人情報が多い印象がありますが、大手・中小・ベンチャーの優良企業の求人情報を厳選して掲載しています。

新卒学生向けインターンシップ・就職情報サイトとして利用価値は高いサービスです。

早期就活向きではなく、サマーインターンシップ以降に利用価値が高まるサービスですが、登録しておいて損はないナビでしょう。

会員登録をすると『キャリタス QUEST』が利用可能です。

 

ここから先は2023卒、24卒の採用マーケット等について解説を致します!

コロナ禍の就活は厳しい?23卒・24卒の就活はどうなるの?

コロナウイルスの影響で皆さんの学生生活はもちろん、世界中の経済低迷、採用マーケットの冷え込み、就職難易度の向上などマイナスな要素が増え、沢山の就活生が翻弄されてきました。

21卒、22卒の先輩達は、航空業界や旅行業界などを志望する学生は新卒採用の凍結などに頭を悩めた人もいますし、内定のピークとなる4年生の6月、7月でも内定が得られず「まだNNT…」「就活オワタ…」などと言う悲痛なSNS投稿の投稿などを良く見かけます。

これから就活をスタートしていこうとしている、大学1、2、3年生の皆さんは、「なんとなく厳しいそう」、「就職氷河期の再来」などぼんやりとやばそうだなという見えない不安と恐怖感に悩まされている人も多いでしょう…。

実態が見えないことが一番の不安につながると思いますので、当記事では内定率などの信ぴょう性の高い情報をお伝えしていくことで、漠然とした皆さんの不安を払拭していければと思っています!

キャリアくん
まずは、22卒の先輩達の内定率を一緒に見ていきましょう!
以下は人材大手企業のリクルート社が公表した就職内定率のデータです。

2022卒内定率

【参考】株式会社リクルート:就職プロセス調査(2022年卒)

2022年卒の2021年8月1日時点の就職内定率は85.3%、前年同月差は4.1ポイントの上昇となっています!

コロナ禍以前の2020年卒と比較するとやや低い水準で推移しているものの、2019卒、2020卒の就活では学生側が有利と言われる売り手市場のマーケットであったため、それと比較するのは少し強引すぎるかとも思いますので、今回は21卒との対比に留めておきます。

上記の内定率から見ると、多少の厳しさはあるものの、21卒よりは数値は上がっていますし、大きな混乱などもなく企業側の採用活動・学生側の就活が普通に行われています。

キャリアくん
22卒の就活は厳しいと聞いていたけれど、前年より内定率は高いようですね!
タイムちゃん
Twitterや2ch、5chなどの情報に惑わされないようにして、地に足をつけた活動をしたいですね!

大学生・大学院生など就活スケジュールはいつから?

理系

大学2、3年生になると就職活動のことを少しずつ考えるようになってきますよね⁉

なんとなく「難しそう」、「めんどくさそう」というネガティブな心境と、「成長したい」、「楽しそう」というポジションな感情が入り混じる複雑な感じの人も少なくないかも知れません。

2023年卒や2024年卒の就活生などで、そろそろ準備を始めていこうとする人に向けて、いつ頃から何をするのか、何社位うけるのか、どのように進めるのかなどの基礎知識をはじめに解説します。

学部卒は3年、修士は入った年、博士は2年目の4月~5月にはスタート

いつのタイミングから就活をスタートしたら正解というものはありませんが、サマーインターンシップに参加をして業界・企業研究をすることは必須と考えたほうが良いかと思います!

例えば、2023年卒、2024年卒の夏のインターンシップは6月、7月位にはエントリーシート(ES)やグループワーク、面接等の選考がスタートしていきます。

インターンシップや早期選考においては、企業側の採用要件も様々なものがあり、大学院生の専門性や理系を主のターゲットにする企業、旧帝大や早慶上智などの上位校に狙いをさだめる企業、幅広く学部・学科不問で多くの学生と接触を図ろうとする企業など動き方はまちまちです。

インターンシップ等に参加をせず、採用解禁後からのアクションでも十分チャンスはありますが、大手人気企業を狙っていくのであれば、サマー・オータム・ウインターのインターンシップには参加しておいた方が良いでしょう。企業側も早期に接触した人にリクルーターをつけたりしながら、内々に採用内定状態まで進めているところが少なくないからです。

サマーインターンシップに参加をするとなると、それまでに自己分析や業界・企業研究、必要に応じてOB・OG訪問などを済ませておいた方が安全ですね!そう考えると学部卒は3年、修士は入った年、博士は2年目の4月~5月にはスタートしておいた方が良いでしょう。

 

キャリアくん
インターンシップに参加をするために、4年制なら3年生の春から動いたほうが良いみたいです!

就活サイトはいくつ位登録するべき?

所属する学部や学科、志望する業界や職種等によっても異なるため、一概にいくつ登録したら正解というものがあるわけではないのですが、トータルで10位のサイトには登録している人のほうが効率的に就活を進めることが出来、複数内定を獲得出来ているように思えます。

登録すべきサイトにもいくつかの種類がありますが、以下などは最低限登録しておきたい所です。

就活成功に向けて登録しておきたいサイト

・求人検索ナビサイト(2~3つ)
・スカウト型の逆求人サイト(2~3つ)
・就活のノウハウ記事や対策セミナーが盛んなサービス(1~2つ)
・口コミ系のサイト(1~2つ)
・エントリーシート(ES)の閲覧サービス(1~2つ)
・新卒向けの就活エージェント(1~2つ)

タイムちゃん
正解はありませんが、目的と時期に応じて使い分けていった方がスムーズに就活が進みます。
キャリアくん
確かに、早期選考や選考対策などは大手の求人ナビでは不十分だって先輩が言っていました!
就活サイトやサービスは時期や目的に合わせてきちんと使い分けていきましょう!何十個も登録するとメールや電話が沢山来てウザいと感じることもあるため、記事の後半でお伝えする主要サイトの登録をおススメします。

就活ナビサイトと就活エージェントの違いは?

就活サイトを登録する中で、就活エージェントというサービスの存在に気づいた人もいらっしゃるかも知れません。

最近の新卒就活では、就活サイトだけでなく、就活エージェントというカウンセラーに悩み相談をしながら二人三脚で就活を進めるサービスも人気が高まっています。

キャリアくん
Googleで検索していたら就活エージェントは利用すべきと言うような情報が沢山あって気になっているんだ…。
タイムちゃん
最近は就活エージェントも人気があるね。3年生の後半から4年生の就活では就活生の3人に1人位が利用するみたいですよ!

 

キャリアくん
サイトだけじゃないんだね…。エージェントについてもう少し詳しく知りたいな…。

求人検索ナビサイトと就活エージェントはどのような違いがあるのかについても簡単に解説します。

就活エージェント求人検索ナビサイト
利用のしやすさ就職相談・面談に行く必要がある(オンライン可も増加中)会員登録をするのみ
求人数数百~3,000社程度1,000~30,000社程度
求人の探しやすさあなたの適性や興味関心に合った企業を紹介してもらえる数多くの求人から自分で探し、説明会予約などをする必要がある
選考対策履歴書作成やエントリーシートの添削、模擬面接、選考結果のフィードバックなど充実の支援がある全てを自分でしなければいけない
選考の早さ書類選考免除などスピードが速いところが多い通常のフロー通り
利用料金無料無料

就活サイトは自由度が高く自分のペースで活動を出来ますが、全てを自己完結しなければいけないためわりと手間がかかります。

就活エージェントを利用すると、カウンセラーなどがナビゲートをしてくれるため、効率が大きくアップします。

 

就活サイトは2、3年生など早期就活から利用可能なものが多く、就活エージェントは主に3年生の秋・冬から4年生の選考解禁後に利用のピークがあります。

あわせて読みたい▼

新卒採用でおすすめの就活サイト比較・まとめ!評判やランキングを見て使い分けよう!

新卒におすすめの就活エージェントを徹底比較!いつから使えるの?

就活 自己分析 強み 診断ツール おすすめ サイト アプリ
最新情報をチェックしよう!
>10代、20代など若者に『安心』と『ヨロコビ』を!

10代、20代など若者に『安心』と『ヨロコビ』を!

今よりも充実した社会人生活を過ごしたい、自己成長のための学びを続けていきたい!

でも、何をしたら良いのかわからない…今のままの自分には自信がない。

きっと、仕事、キャリア、恋愛、結婚や出産、学び、お金、カラダなど色々な悩みや不安があるはずです。

コロナ禍のいま、自分自身がどのように生きるべきなのか、漠然とした不安を感じている方が多いでしょう。

そんな大学生・大学院生・短大生・専門学校生などの新卒枠の就職活動中の方、20代、30代など若手の社会人の皆さんが、人生を豊かにするための情報や考え方をお届けし、アナタが小さな一歩を歩み始めるキッカケづくりをしていきます!

CTR IMG