お酒を飲むときはプラセンタを先に飲もう

プラセンタには抗酸化成分やHGF(肝細胞増殖因子)という成長因子が含まれており、お酒による肝臓へのダメージを抑えてくれます。

ただ、注意してほしいことがあります。 それは、プラセンタは必ずお酒よりも先に飲んでほしいということです。

プラセンタがお酒のダメージを抑えるメカニズム

プラセンタは抗酸化成分によって活性酸素による肝細胞の破壊を抑えるとともに、HGFによって肝臓の再生を助けてくれます。そのメカニズムを説明しましょう。

抗酸化成分

お酒を飲むとGOTやγ-GTPの数値が上昇し、肝細胞が破壊されていることが分かります。 これは肝臓でアルコールを分解する際に、活性酸素が発生するためです。

活性酸素は健康な細胞を傷つけてしまう働きがあり、これが肝細胞の破壊につながるのです。 プラセンタには活性ペプチドやビタミンC、Eといった抗酸化成分が含まれています。

これらによって活性酸素の働きを抑え、肝細胞が破壊されないようにするのです。

HGF

HGFは肝細胞の分裂を促す働きがあります。 肝臓を半分切除しても再生するのは、このHGFの働きによるものだと言っていいでしょう。

抗酸化成分を摂取しても肝細胞の破壊を完全に防ぐことはできませんし、破壊された肝細胞の修復には時間が必要です。 HGFは肝細胞の分裂を促すことで、この修復に必要な時間を短縮してくれるのです。

なぜお酒より後に飲んではいけないの?

では、なぜお酒よりプラセンタを先に飲まないといけないのでしょうか。
まず、アルコール摂取が一定量を超えると、消化管の機能がダウンします。
これによってプラセンタの吸収量が落ち、十分な効果が発揮できなくなってしまいます。

アルコールとプラセンタを一緒に摂取することで、アレルギー症状が出ることもあります。 プラセンタによって体調を悪化させたのでは、何のために摂取したのか分からなくなってしまいます。

プラセンタの効果を十分に発揮させ、アレルギー症状のリスクをなくすためには、お酒を飲む30分前までには摂取するのがおすすめです。