毛深い悩みはプラセンタで解決

毛深いのは女性だけではなく、男性にとっても悩みになりかねません。 毛深さは男らしさと言われていたのは、もはや過去のことのようです。

そんな毛深い悩みを解決してくれそうなのが、プラセンタです。

体毛を濃くするのはDHT

DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質は、AGA(男性型脱毛症)の原因としてよく知られています。 このDHTは、体毛を濃くする働きを持っているのです。

DHTは頭部においてはTGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βという成長因子の生成を促し、毛母細胞の分裂を抑制します。

ところがそれ以外においてはIGF(インスリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促し、毛母細胞の分裂を促すのです。

これによって体毛の成長が促進され、毛深くなってしまうのです。

女性の体内にも男性ホルモンがある

DHTの元となる男性ホルモンは、実は女性の体内でも分泌されており、性欲をアップさせるなど重要な働きを持っています。

最近では女性が働くのは当たり前のことになりましたが、仕事のストレスによって交感神経が刺激されると、男性ホルモンの分泌促進につながります。

これによって男性ホルモンの働きが強くなり、ホルモンバランスが崩れることで、体毛が濃くなってしまうというわけです。

プラセンタがホルモンバランスを整える

プラセンタには、崩れたホルモンバランスを整える働きがあります。 ホルモンの量が多すぎるときは分泌を抑制し、少なすぎるときは分泌を促進してくれるのです。

毛深い悩みを抱えている場合は、DHTの元となる男性ホルモンが多すぎるため、プラセンタによって分泌を抑制しようというわけです。

男性ホルモンの分泌量を抑えられればDHTの生成量が減少し、体毛の成長を促すIGF-1が減少します。 これによって、毛深い悩みの解消につながってくれるのです。

毛深い悩みの原因は、ホルモンバランスにあったのです。 プラセンタによってホルモンバランスを整え、悩みの解消につなげていきましょう。