プラセンタクリームの効果は?

肌に塗布するクリームの中には、プラセンタが配合されている製品があります。 クリームにプラセンタを配合することで、どのような効果が期待できるのかについて、説明していきましょう。

効果1・肌の乾燥を抑える

皮膚は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織からなっており、表皮のうち一番表面側に角質層が存在しています。

角質層にはバリア機能があり、皮膚内の水分の蒸発を防ぐなどの効果を持っています。 新陳代謝が低下すると角質層のバリア機能が落ち、水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌の原因となります。

プラセンタには特定の細胞を活性化させる成長因子が含まれていますが、この中に表皮細胞の新陳代謝をアップさせるEGF(上皮細胞増殖因子)があります。 EGFの働きによって角質層のバリア機能低下を防ぎ、乾燥肌を防止することが期待できます。

効果2・肌に張りを与える

真皮の線維芽細胞では肌に張りを与えるコラーゲンやエラスチン、保水力をアップさせるヒアルロン酸が生成されており、肌に張りを与えています。 加齢などによって線維芽細胞の働きが衰えると、これらの成分の生成量が減少し、肌の張りが失われてシワなどの原因となります。

プラセンタに含まれている成長因子の中にはFGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれるものもあり、真皮の線維芽細胞に活力を与えてくれます。 これによってコラーゲンなどの生成量減少を防ぎ、肌に張りを与えることが期待できるのです。

効果3・シミを防ぐ

シミの原因であるメラニン色素は、活性酸素による皮膚のダメージを抑えるために生成されるものです。

プラセンタには活性ペプチドやビタミンC、Eのような抗酸化作用のある成分が含まれています。 これによって活性酸素の働きを抑えればメラニン色素の生成量が減り、シミ防止に役立ってくれます。

プラセンタは、肌に対してこれだけのメリットがあるのです。プラセンタが配合されているクリームは、美白のために役立つことが期待できるのではないでしょうか。

【参考URL】プラセンタで美肌
http://prasanthj.info/bihada.html