プラセンタの歴史

プラセンタが体にさまざまな良い効果をもたらすことは、古代から知られていました。 プラセンタが現在のように医療現場で使用されるようになるまでの歴史について、簡単に説明していきます。

プラセンタは古代から知られていた

プラセンタは古代ギリシャにおいて、ヒポクラテスが使用したという治療に使用したことが分かっています。 また、エジプトの女王クレオパトラが若返りの薬として使用していたとされています。

ただ、西欧では中世以降、プラセンタは顧みられることがなくなります。 これに対して中国では、秦の始皇帝が不老長寿の薬として使用するなど、漢方薬の一種として広く知られる存在でした。

唐代の医学書「本草拾遺」には「人胞」の名前で、明代の医学書「本草綱目」には「紫河車」の名前で紹介されています。 日本や韓国においても、紫河車を配合した薬品が製造されていたという記録が残っています。

医療現場における歴史

では、現在のような形で医療現場に使用されるようになったきっかけは何でしょうか。 それは、1930年代に旧ソ連のフィラートフ博士が開発した「組織療法」です。

これは、プラセンタの原料である胎盤を患部に埋め込むものです。 この治療法は1950年代に日本に伝わり、現在でも行われていますが、費用が高いという問題点があります。

このため、治療コストを抑えるための注射薬の開発が進められました。 この結果、開発されたのが、更年期障害の治療に使われている「メスモルン」と、肝機能障害の治療に使用される「ラエンネック」です。 これらは、いずれも人の胎盤を原料としています。

そして普及へ

1980年代に入ると、今度はプラセンタの美容面での有効性が注目されるようになります。 ただ、人の胎盤由来のプラセンタは医療用以外には使用できません。

そこで、人の胎盤以外でも新鮮なものならば抽出したプラセンタの使用が可能だということに着目し、化粧品やサプリメントなどの配合製品が作られるようになったのです。 当初は牛の胎盤が主流でしたが、BSE(狂牛病)によって使用が禁止されたため、現在では豚や馬のものが主流になっています。

【参考URL】プラセンタの意味は?
http://www.newportartmuseum.com/meaning.html