プラセンタの疲労回復効果

体を動かしたり、仕事をしたりすると、強い疲労を感じるものです。 この疲労を十分に回復することができなければ徐々に蓄積していき、心身に悪影響が出てしまいます。 プラセンタには、この疲労回復に役立つ成分が含まれているのです。

疲労の原因は活性酸素

最近の研究では、疲労には活性酸素という物質が関係していることが分かっています。 活性酸素は本来、体内に入ってきた病原菌を退治し、免疫力をアップさせてくれる働きを持っています。

問題は、活性酸素は増えすぎると、正常な細胞を錆びつかせてしまうのです。 錆びついて機能低下した細胞は、十分な働きができなくなってしまいます。 これが疲労なのです。

活性酸素を発生させる原因としては、激しい運動や紫外線の浴びすぎなどが挙げられます。 また、ストレスも活性酸素発生の原因となります。 仕事が忙しいと、大して運動をしていないのに強い疲れを感じるのは、このためです。

プラセンタの疲労回復成分

疲労回復のためには、活性酸素の働きを抑えることが必要です。 プラセンタには活性ペプチドやビタミンC、Eなど、抗酸化作用のある成分が多く含まれています。 活性酸素の働きを抑えられれば細胞の錆びつきを防止でき、疲労回復につながってくれます。

プラセンタには特定の細胞を活性化させる成長因子という成分が含まれており、活性酸素によって細胞に活を入れたり、細胞分裂を促して錆びついていない細胞を作り出してくれたりするのです。 細胞分裂に必要なアミノ酸も、プラセンタには多く含まれています。

また、疲労回復のためには炭水化物などからエネルギーを作り出す必要があります。 プラセンタには、炭水化物の代謝を助け、エネルギー生成に役立つビタミンB1も含まれています。 エネルギーの生成量が増加すれば、疲労回復のスビードが速くなってくれます。

プラセンタは疲労の原因となる活性酸素を抑えるとともに、疲労回復のために必要な成分もたくさん含まれています。 最近疲れが抜けないなと思ったら、プラセンタを摂取してみてはいかがでしょうか。

【参考URL】
疲労回復にプラセンタ
http://www.savvyjobseeker.com/restore.html